アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

フリーベース その1

 さて、アコ楽器遍歴やらなんや書いてて、肝心の修行(練習)の話題があまり無いのである。
楽器の練習方法は習ってる先生によっても違うし、人それぞれ体型や指の長さ、バランスが違うので
やはり自分に合った方法を探すしかないだろう。まあ基本的な事は有るにしてもね。

今、使ってるメイン楽器はBシステムのコンバーターフリーベースが付いているので、練習しなきゃと思いつつ、その間コンクールに出たりとかしてたので、手に入れてから10か月位経ってしまったのだ。
最近少しづつ練習を始めたのだが、難しい~、、、
当たり前の事だが、アコを弾いてて左手は見えないし、なにより蛇腹操作もしなければならない。
そこで、、
e0234168_2161255.jpg

アコを机に置いて対面してみた。(ピアノと同じ様に)
おおっ! こうやって前で見るとそんなに各ボタンは遠くないではないか!
薬指と人差し指の間がC~C(オクターブ)で6センチしかない。ちなみにピアノは16,5センチだ。
今までで弾いてた曲で最大に飛ぶ距離も8,5センチだった。
まあピアノも鍵盤が前に有ると言っても、全てガン見してる訳では無くて、少し指が飛ぶ所をチラっと
見てただけだからなぁ~、でも視覚的に見て覚えるのも近道かも知れない。
 
ここでVアコの登場である。 蛇腹を使わなくても音を出せるので、この状態でまるでオルガンの様に
使えるのは練習には画期的だ。
最近、使用頻度がアルペンに限られていたのだが、ここに来て役に立つヤツになったのだぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2011-05-02 21:25 | 修行(練習) | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite