アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

超絶技巧 Ⅱ

 1972年にはGalliano様もこう言うの弾いてたんですねぇ~



 昨日も登場してもらった Alexander Hrustevich君も



 で譜面がこれ、一見出来そうだがスピードがハンパでないのだ。

e0234168_004336.jpg


 Alexander Sevastian氏が弾いてた ”Spanish Caprice" もう何がなんだかメンドー、、

e0234168_045018.jpg


 我らが御喜美江さんも、最初の頃のCDでたしかメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を
弾いてたし、大家の人は通る道なのかなぁ。
もちろん全てのオーケストラパートを網羅するのは無理だが、真向勝負だ!

何故アコーディオンで弾かなければならないのか?
そんな事言う人も居るだろうが、スバラシイものは素晴らしいし、単純に凄い! でイイジャン!
こんなのが弾けるんだったら、悪魔と取引してでも弾けるものだったら弾きたい!
っと思うのは私だけではないでしょう。
[PR]
by kazu6433 | 2011-03-20 00:18 | 世界の凄腕動画 | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite