アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

超絶技巧

 これはよく楽器を奏でる人の話題になる事である。 その昔、CDや録音技術が無かった頃から例えば、パガニーニ、リスト、20世紀のホロヴィッツ、などなど神話や伝説は数え切れない。
やはり自分にはとても出来ない事や技術を持った人には敬意と尊敬を通り越して、タメ息しか出ない、
目標にするには恐れ多いし多分、一生到達出来ないだろう。 でっ、アコの超絶技巧が



ロシア方面の多分かなり若い少年? 2年位前の演奏も同じく凄かったし、今はどこかの音楽事務所に入ったみたい、、、これは周りが放っておかないでしょ。 でっ、またまた



こちらもロシア方面出身、今はカナダに住んでるらしいけど、、、アコのワールドチャンピオンだ!
この余裕の演奏、ドヤッ顔 ニクイですなぁ~
まあ一昔前は旧ソ連代表と言ったら、どのジャンルでも優勝候補だったし、恐るべし!
二人とも名前がアレキサンダーだし!( それは関係ないかっ、)
実は2曲とも挑戦はしたのだが、完全撤退だ! ハハーッ恐れ入りました!

今持ってる楽器はコンバーターのフリーベース(しかもBシステム)だから機能的には弾くの可能だし、
まあでも右は41鍵盤なのでちょっと無理が有るにしても、とても無理。
ベローシェイクで肩がおかしくなっちゃうし、こんな粒が揃えられない!

こんなのばっかり観てたら ”所詮アタシなんかはダメ人間さっ!” っと練習意欲が無くなるので、
こう言う人からは目を背けて コツコツ日々練習じゃァァ~! 
[PR]
by kazu6433 | 2011-03-19 01:18 | 世界の凄腕動画 | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite