アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

験担ぎ

 いくら練習して準備万端整えてもいざ本番!人前で弾く時には心臓バクバクで、
手は震えるは頭はクラクラで、我を忘れてしまうものだ。
不思議と落ち着いて冷静な時がたまにはあるが、大体 ”あがって” しまい自分が情けなくなる。
20世紀の大ピアニスト ”ホロヴィッツ” も、コンサート直前の舞台袖であまりの緊張で顔面蒼白になり
 ”やっぱりイヤだ!キャンセルする”
と、いつも駄々をこね、マネージャーに怒られ、なだめられて仕方なく舞台に出て行ったそうである。

まあそんなこんなも一種の ”験担ぎ” みたいな儀式だったのかもしれないし、
人それぞれの、験担ぎが有るのだろう。 靴下の色とか、舞台には右足から入るとかね。
変わった人では、練習の時に着てたシャツを洗わずに本番で着るとか、お経(梵字?)の様な文字を書いた
和紙をお腹に貼り付ける人とか、本番前に腿をつねり続けて真っ赤に腫れちゃう人とか、
皆、真剣だから笑えないし、ちょっと見ててコワイのだ。

私の場合、アコを弾く様になってからは、同じ ”椅子” を持ち歩いていたのだが、
最近は ”香水” 、要するに匂いで落ち着こうと試しているのだ。 普段練習してる時のイメージを
練習してる時と同じ匂いを嗅ぐ事によって呼び起こして、本番でも冷静になろうという作戦だ!
今の所、効果が有るのか無いのかハッキリしないけど、まあもう少し続けてみよう。

特に独奏楽器を人前で弾くというのは、普段の生活では絶対に有り得ない緊張だから、
皆、涙ぐましい努力をしてる同類で、そんな ”種族” なのだろう。
たまぁ~に緊張しないって人も居るけど、私の知ってる限りでは、ほぼ女性だ。
う~ん、やっぱり女性は強しだな~ ・・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-06-29 18:29 | 修行(練習) | Comments(0)

寒っ!

 季節外れの台風上陸で、とても寒くなってしまった。 少し暑いかな?位の気候の後なのでコタエルのだ。
ホッとカーペットと暖房の日々に逆戻りだ。
 
それはそうと、地域観光用ポスターの出来が非常に良いので、ご紹介します。
e0234168_2245960.jpg

左側の人物は地元のBar ”スプリングバンク”さんのマスターだ。
毎年この様な景色が見られます。 きっと台風の後は暑さがやって来るだろうし、夏本番もエアコン要らずの
涼しい乗鞍高原にお越し下さい。 タイミングが合えばアコも弾きますよ~(笑) 
 今日は観光PRになってしまいました、ジャンジャン!
[PR]
by kazu6433 | 2012-06-19 23:01 | 日々、いろいろ | Comments(1)

暗譜 Ⅱ

 さてこの前、暗譜についてとりとめも無い話をしてしまったのだが、今度は弾いてる最中の感覚の話だ。
あくまでも私の場合なのだが、まあ一曲を練習してて暗譜が出来たとしよう、その後も録音して聴いてみたり、
ミスタッチを無くして、だんだん完成度を上げて弾き込んで、そろそろ人前で弾けるかなぁ~  なんて思う頃に
頭の中で3D録画をしてしまうのだ。 要するに普段弾いてて調子が良い時の、自分が演奏してる感覚を
強烈なイメージで頭の中に焼き付けてしまう事だ。  この段階では絶対譜面を見返したりしないし、
忘れた所は譜面に頼らず、自力で思い出す事なのだ。

試しに夜寝る前に、頭の中で本当にアコを弾いてる様にその曲を弾いて(エアアコーディオンですな!)
運指や左ボタンの位置、もちろん音も完璧に再現出来たならもう大丈夫だ!
もちろん弾ける全部の曲でコレが出来たら最高なのだが、発表会やコンクールで弾くとか、大切な一曲は
そうありたいですな。  それでも本番では緊張して間違えるけど、ハハッ、
度胸試しでアヤフヤな曲を人前で弾いて、間違えちゃったりすると、その曲に苦手イメージが付いちゃって
後々まで尾を引くので気を付けなきゃぁね、 (私の場合 ”チャルダッシュ” と ”マルゴーのワルツ” がそう)

e0234168_2236345.jpg
もちろんイメージを3D再生して弾きながら頭の中に音符も登場するが、
譜面というか、右手と左手の間の五線譜の中を泳いで行く様な感覚かなぁ~?
 ドリーの様にスイーッとね、ハハハッ、 うまく言えないなぁ~、
  要は音符は敵じゃなくて、お友達なのだぁ~っ、!

”そんな事ばっかり言ってると、頭がオカシイ人と思われるからあんまり人に言わない方がいいよ!”
と、カミさんから言われるけど、このブログを見てる人は、多分マニアックな人達で理解もある人だと
思うのでネタとして書いちゃいました。
あっ、そうそう、ど~しても覚えられない場所は譜面を書いて写してみるのもいいかも知れない、
漢字や英単語も書き取りして覚えたからねぇー。
けど、あくまで自分の場合なので、他の人に当てはまる訳ではないので、アシカラズ・・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-06-08 22:58 | 修行(練習) | Comments(0)

やっぱり難しい~っ、

 なんだか今年は忙しいのだぁ~、 延々と途切れなく用件が続き、時間に追われてるのだ。
アコに関しては、今年は少し人前で弾く機会を減らして、今までのレーパートリーをさらに磨く事と、新な曲の
充実を目指していたのだが、なんだかんだで結局、頼まれれば断われずにアタフタしてるこの頃、、、

しか~し! そんな事してたらいつまで経っても前に進めないので、時間が無いなら寝る時間を少し削って
Vアコででも練習すれば良いのだぁ~!  って事で

e0234168_2338154.jpg

Rameau の ”Rigaudon” 、やっと最近になって、本気でフリーベースの練習を始めたのだが
自分の脳細胞と神経伝達がおかしくなったのかと思う程弾けねぇ~っ、
技術的には、ブルグミュラーかツェルニー30番か? なのだがホントに情けない程弾けないのだ。
左手ボタンの位置関係がイマイチ頭に入って来ないし、F,Bは3列目と6列目が同じ音なのだが、
どちらを選ぶべきなのか迷うし、指使いも何が正解なのか分からずに手探り状態だ。
(ちなみに私の楽器はB配列、バヤン方式?なのだ)
バッハやスカルラッティをサラサラ弾ける様になるには、いったい何時になる事やら先が見えませんな。

e0234168_2354498.jpg
御喜美江さんの最新アルバム "S`il vous plait" に入ってるが、
もちろんどの曲も、空を駆けるがごとく、クリアで軽やか、でも情熱的だ。
御喜さんのCDはほぼ全部持っているが、改めて彼女の偉大さと
圧倒的な技術と表現力に、只々、タメ息しか出ないのである。


しかしタメ息ばかりじゃ前に進まないので、コツコツ地道にね! メゲずにこれから少し練習しよ~っと。
”千里の道も一歩から” なのだぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-06-03 00:17 | 修行(練習) | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite