アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年前半の目標

 毎年課題と言うか、具体的な目標曲を決めて日々の練習に励むのだが、これがなかなか難しいのだ。
去年の暮にハマッてた、”VIVALDI , Concerto a-moll ” の譜面は編曲済なのだが、なかなか
進まない。  フリーベースの部分がまだまだ慣れないのでイライラするし、一般的に受けない曲だと
思うので、時間を使って練習しても報われないかぁ~、なんて思って放っぽらかしだー。
e0234168_2322451.jpg


そこで、以前より気になってた曲、”ブルガリア組曲”



先日、楽譜を入手したのだが、またバヤンの譜面だったので書き直して、さあ練習だ。
部分的には結構弾いてる方もいるし、3楽章通して弾けばなかなか聴き応え十分な曲だし
16分の9拍子で始まり、4分の4拍子、16分の11拍子と、苦手な変拍子なので克服せなばなるまい。
e0234168_23323199.jpg

以前にも登場してもらったおね~さん、残念ながら3楽章が載ってないのだ、



2楽章はフリーベースでしか弾けないし、これはレパートリーに加えねばなるまい!
しかぁ~し、この曲もノリは良いのだが、初めて聴いた人は・・・・・・え~っとっ?、 だろ~なぁ~。

まあでもこの曲と、モーツァルトの簡単な曲なんかを、今年前半の目標にするのだぁ~っ!
[PR]
by kazu6433 | 2012-02-23 23:54 | 修行(練習) | Comments(0)

楽器の保温

 冬は寒くて当然なのであるが、楽器にとってはツライ季節である。
もちろん国内でも北海道の内陸部に比べれば、甘~い! と言われそうだが、長野県の標高の高い地域も
なかなかヤッテくれるのである。
以前、スキーのリフトで仕事をしてた時期に体験した最低気温が、朝-26度だった。 バナナで釘が打てるね。
その頃2~3泊旅行に出かけて帰って来たら、室内に置いてた観葉植物が全部凍ってて、水道の蛇口からは
氷瀑が出来てた事もあったしなぁ~、 今はそれ程は寒くなくなったけど、

冬は楽器にとっては過酷な条件で、部屋を急に暖めると、金属部分はもちろん本体にも結露が出来て
とっても、とってーも、アコにとって好ましくないのである。
練習してる部屋を24時間好ましい温度と湿度に管理するのは、とても光熱費が掛かって大変なので
せめてホットカーペットを点けて、特に寒い夜には暖房を入れているのだ。
しかし、今のホットカーペットは多分安全の為なのだろうが、6時間経つと勝手に電源が切れる様になってて
不便極まりないのだ。  でも今は便利な物が売ってて、

e0234168_23412332.jpg

決まった時間にON,OF、出来るタイマーなので細切れにホットカーペットを使用して
楽器ケースの上には、電気毛布を掛けて保温しているのだ。 
そして練習する2時間程前から暖房を入れるという、冬は結構メンドーな事になってしまうのだ。
まあその代わり夏のエアコンは殆ど使わないからしょうがないかっ、!
注、(ホットカーペットや電気毛布を使う時は、スノコなどを使用して、直接ケースに触れない様にしないと
ケース内の温度が異常に上昇してしまうので、気を付けましょう!)

[PR]
by kazu6433 | 2012-02-17 23:58 | アコーディオン | Comments(0)

ヴィヴァルディ ”四季”

 アコーディオンにのめり込んだキッカケの一つが、御喜美江さんやフッソングさんらの
バッハやスカルラッティを聴いた事だ。
現在ではほぼピアノで弾かれているし、自分もピアノで勉強したが、どうも苦手と言うかピンとこなかったのだ。
まあ若かったからねぇ~、、ショパンやリストなどのロマン派の大曲の方が、弾いてて楽しかったし
またそれらを弾くのを求められた。

ピアノで弾くと少し無機質というかツマラナイ演奏になりがちなバロック曲が、アコーディオンで弾くと
全く別の曲の様な、感情というか暖かさが感じられて惹きつけられるのだ。
ピアノの音はハンマーで弦を叩く減衰音なのに対して、アコは蛇腹で操作するリード音だし、感覚的には
オルガンと木管楽器とバイオリンの中間みたいな楽器だからかな?。
そんな訳で、コンバーターのアコを購入したのだが、いざちょっと練習してみると
”超 難しいー!”  のだ。
ピアノで弾くと超簡単な曲が、超難曲になってしまい、とてもイライラするのだ。
う~むっ、これはこれで暫くちゃんと練習しなきゃ無理だぁ~!
最初から全部フリーベースじゃなくて、スタンダードと組み合わせて少しづつ慣れて行く事にしよう。
って事で、



 ヴィヴァルディ 四季 ”冬”  去年のマイブームで、苦労した曲だ、
やっと通して弾ける様になって ”ヒャッホーッ” と録画したのでミスも多いです。

フリーベースの部分は難しくしないで、曲全体の雰囲気を変えない様に編曲したつもりだが
またちょこっちょこ直しながら弾いて行こう。
”バッハ” よりは ”ヴィヴァルディ” の方がとっつき易いし、 この ”四季” は一般的にも有名だし
子供の頃よりクサる程聴いて来たので、譜読み暗譜も楽だからねぇ。
いつになるか分からないが、”春、夏、秋、冬” 全部弾いてみたいですな。




フガッツァの ”モザイコ,エスパニョール”

こちらの曲はスタンダードだが、レジスターの切り替えが忙しい曲だ。

2011年はこの他、小品2~3曲を練習していたのだが、曲数が多くなって来たので、今まで弾いてた曲が
おろそかになってしまい弾けなくなってきてしまったーっ。
レパートリーを維持するのは容易な事でないので、演奏家の方達はさぞ大変だろうし、すごい集中力だ!
一日2時間弱程度の練習じゃとても無理ですな!

2月に入っても、2012年の目標と課題がイマイチ定まらない日々が続いているのだ・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-02-11 21:18 | 演奏動画など | Comments(0)

一周年~ん!

 パンパカパ~ン! ブログをはじめて一年になったのだぁ~!
思えば日記の類は苦手で続いた事はなかったし、昔から学校での夏休みの日記や連絡帳、
女子との交換日記(今の子は知らないかっ)なんかもメンドーになって、ほったらかしだったしなぁ~・・・

e0234168_014569.jpg

昨年、苦楽を共にした ”イザベラ” (Borsini PL4152) と ”キャバ嬢” (Cavagnolo)、 
出番多かったなぁ~、 あと ”Vアコ” (Roland FR-7) もね。
楽器の事は、こちら  ⇒ Borsini 、   ⇒ Cavagnolo  ,  ⇒ Vアコ
楽器探しの旅も落ち着いたというか、もうこれ以上金銭的にもツライし、この3台でもう殆んど決定ですな。
2012年は少し人前で弾く機会を控えて、新な曲やジャンルを増やさねばなるまい!

この一年で記事がほぼ現在にまで追い付いて来たので、ネタが無くなりそうなのだが
ボツボツ更新しますので、またヒマな時にでも覗いてくださ~い!


  
[PR]
by kazu6433 | 2012-02-09 00:19 | 楽器達 | Comments(2)

そうそう、

 そう言えば、Vアコとアルプホルンとのジョイント映像を載せてなかったのだ。



こういう時はVアコは活躍しますなぁ~、 右は ”Alpen” MMMセット、左はベースを ”Tuba" にして
ブンチャッチャ、とゴキゲンにねっ!、 最初の頃は10曲ぐらいアルペンの曲を用意してたのだが、
だいたい出番がイベントなどのオープニングなので、時間的にアルプホルン4曲、アコ3曲程度になるので
今は4~5曲しか用意してないし、普段はゼンゼン弾かない曲目なのだ。
だからいつも出番前日に、慌てて泣きながら練習する事となるのだ。

本当は、ヘリコンベース付きのアルペンアコも欲しいは欲しいのだが、そっちジャンルにまで手を出すと
もう収拾がつかないので、Vアコで我慢、ガマンなのだ・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-02-02 00:45 | 演奏動画など | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite