アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新しいPA

 さてと楽器は、ほぼ満足な物が揃ったので、あとはPAの充実だ。
ソロの場合、会場が広いと ”YAMAHA STAGEPAS 300" でマイク2~3本で音を拾い、
野外でVアコの場合は、ラインで充電式アンプ (クレイト TX30) に繋いで弾いていたのだ。

しかし、マイクを使うとハウリングやら、ラインに引っかかったりして面倒だったので、(アンプも結構重い)
久しぶりにヤフオクで小物を購入した。

e0234168_17451794.jpg

 SAMSON AP1
本来はギター用のワイヤレスなのだが、Vアコにもピッタリ!
なんたって送信機が小さいし、ジャックに差し込むだけ、受信機も9V電池1個でOKなのだ。

ついでにコレも、
e0234168_17485931.jpg
e0234168_17491670.jpg

 Rolando AC-33
20Wだが単3電池で動くし、とても軽いしリバーブも付いてるし、出力はイマイチだが、結構音も良い
まあVアコからも音が出てるし必要にしてとりあえず十分だ。
これでマイクセットの煩わしさや、ラインが絡んだりする事は無くなったのだ。
 ”とっても便利ぃ~!”  これはガラクタにならずに済みそうだ!

さてそうなると、”イザベラ” や、 ”キャバ嬢” でもワイヤレスで使いたくなるのが当然の流れだ。
しか~し、アコ内蔵マイクは高いしなぁ~・・・しかもどうせなら2台共付けたいしなぁ~、

でも、このワイヤレスの便利さに負けて、取り付けの為イソイソと名古屋に出かけて行くのだった。
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-28 18:03 | アコーディオン | Comments(0)

さよなら ”エリザベス”

 2010年、夏に ”エリザベス” (エキセルシャー コンチゴールド) と別れの時がやって来たのだ。
以前に、立川 ”かるふ~る” でご一緒したアコーディオン奏者の坂本光世さんが、My楽器(キャバニョロ)と
わざわざ松本まで来て頂いて、円満に楽器交換が成立したのだった。

e0234168_17551369.jpg

Cavagnolo MMM だ。 アコを始めた当初そりゃもう、憧れて ”夢” だった楽器だ。

と言う事で、我が家に新しく ”キャバ嬢” がやって来たのだ。 ”エリザベス” はさぞかし口惜しい事だろう。
なんたって、”イザベラ” に本妻の地位を奪われ、とどめに ”キャバ嬢” とのトレードだ。
しかし悪いのは、みんなを養えなかったお父ちゃんが悪いのだ、”キャバ嬢” を恨まないでやってくれぇ~っ!、
HMMLの楽器が2台あってもしょうがないし、MMMの押し出しの強い音も欲しかったし、見た目も派手だし、
これでプログラムの幅も広がったのだぁ~! スマーン!

しか~し、心配していた ”エリザベス” は、坂本さんには ”金太郎君” と名を改められ仲良くしてる様で
アレッ性転換しちゃった!、数か月後、ちゃっかり坂本さんの腕に抱かれてCDジャケットに登場しているのだ。
よかったなぁ~、よかったなぁ~、元気そうで・・・・ (坂本さん、ソロCD発売オメデトーございます!)
なんだか昔付き合ってた娘が、アイドルになって遠くに行っちゃった様な、うれしいやら寂しいやら~、 
まっ、それは冗談だが、活躍してる様でなによりである。
e0234168_18355939.jpg

う~んっ、エレガントですなぁー
CDを聴いて、”あれっ、調律しました?” なんて聞いたら ”してないよ~、そのままだよ~、” との事
なんだか自分が弾いてた時より、綺麗な音の様な気がしたのは、自分が楽器の魅力、能力を引き出せて
いなかっただけの様だ。 う~ん、反省、反省、

でもまあこれで、”Borsini ” ”Cavagnolo” ”Vアコ” 3台で、理想に近い楽器軍団が揃ったのだ。
これで一応、「楽器熱」は醒めた形に落ち着いたが、飛車、角、金、か?
て事は、ああぅ~っ!、”玉将” が居ないかっ?!  いやいや、もう暫らく新な楽器の事は考えずに
ひたすら練習、練習、レパートリーを増やす事にまい進じゃぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-24 18:42 | 楽器達 | Comments(1)

でっ、本番

 2010年9月11日(土)に、第5回JAA国際アコーディオンコンクールに参加して来たのだ。
私は ”一般の部” に参加したので、自由曲(5分以内)1曲弾けばよかっただけなのだが、
くう~っ、暑かったぁ~っ!
覚悟はしていたのだが、なんたってこの山奥に住み着いた理由が ”夏、涼しいから!” というのが
一番の理由なので9月の新宿っちゃあ、そりゃもう汗は吹き出すわ、頭クラクラでもう大変だった。

e0234168_22334316.jpg

暑さで頭クラクラで良い意味で力が抜けたかも知れない。 それでも、か~なり緊張したけどね。
さらに演奏中に顔を上げたら、真正面に座っていらした審査員の御喜美江さんと目が合って
ちょっとビビッたし、大きなミス一回、細かいミスも多少有ってあっと言う間の演奏時間だった。
結果としては、第1位を頂いたのだ、 大変光栄な事だ。
⇒ JAA国際コンクール公式ブログ

しか~し、上級の部の方達の演奏は別次元で、まあ専門に音楽院のアコ科で研鑽されている方達と
自分を比べてもしょうが無いのだが、レベルの差にちょっと脱力しちゃいますなぁ~・・・
ピアノでもバッハの平均律プレリュードとフーガはどの曲も難しいし、それをアコーディオンで弾くとなると
いったいどれ程練習しなきゃならないかを考えると気が遠くなりますな。 それ+課題曲と自由曲だ!
カナシイけど、こりゃちょっと自分じゃ無理ですな。

12日(日)”上級の部”の後は結果発表とともに、別会場で行われていた ”銀座アコーディオン音楽祭”
に合流するのだが、各部門の第1位の方が銀座ヤマハホールで演奏する予定になっていた。
そんな訳で私も銀座に移動する事になったのだ。 車で来ていたので当然車で向かったのだが、
あっ、そうか!日曜は歩行者天国ではないか!混んでる! 駐車場を探して車を停めて、アコを抱えて
ヤマハホールまで急いで行ったら、また汗ダクで足フラフラ、しかも山野楽器、エレベーター混んでるし!
慌ただしく控室でちょっと音出しして、迷路の様な建物をクネクネ案内されたら、そこは舞台裏だった。

御喜美江さんやフッソングさん、審査員の方々とご挨拶などしてたら 
、”はい~っ、どうぞー”  と出番だった。
本格最新のホールで、しかも満員(300人位か?)、しかもアコ好きの聴衆だし、非現実な空間だ。
一瞬怯んだが舞台のスポットが眩しくて、あまり客席が見えなかったのと、もう緊張する程体力が
残っていなかったのか、不思議な程落ち着いて弾けたのだった。

それにしても、”いや~っ、このホール凄い音響だ!”
弾いてて音がホールの隅々まで行き渡り、響いてから自分に音が返って来るのが分かるのだ。 
こんなに人が入ってるのに!   それと、ものスゴい静寂!

大体、人前で弾く時は緊張しちゃって ”早く終わらないかなぁ~” なんて思う事が多いのだが、この時は
”ああっ、もっと弾いててぇ~ 気持ちいい~っ”
なんて久しぶりに思いながら弾けたのだ。 でもミスしたけどね、ハハッ、

ここでも”上級の部”の1位、ヘイディさんは堂々見事な演奏でした。 次元が違ますな!
(そうそう、コンクールの時のDVDは有るのだが、この”銀座アコーディオン音楽祭” の時の映像、録音が
どうしても無いので、どなたかこの時、録音や録画してた方がおられましたら、是非欲しいので
ご一報下さいませ
。 結構会場で録画してる赤い光が見えてたし、笑)

その後の打ち上げにも参加させてもらって、ビールの旨い事といったらハンパでない! ガブガブ飲んだねっ!
アコ研の方々と二次会にも行ったり、もぅ~最高の気分でこの日は終わったのだった。
皆様有難うございました。

相当な体力と気力を消耗した3泊4日が終って帰って来たら、案の定2、3日はボーッとして
仕事も手に付かず、アコも弾かず、抜け殻の様な有様になってしまうのだった。
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-22 00:01 | アコーディオン | Comments(0)

とりあえずコレで

 真面目に練習した成果が、徐々に出て来たのだ。 とりあえず今の自分に出来る事の限界かな?



とにかくしっかり暗譜したし、ミスタッチはまあ運次第かな。
コンクールでは一般の部への出場なので、これ一曲しか弾かないので楽と言えば楽だ。
後は体調を整えて、落ち着いて弾くのみですな。 でも9月はまだ暑いだろうなぁ~!
そして本当に目まいがする位、暑さとの戦いになるのだった、、、、


ついでに録画した ”マルゴーのワルツ”  少し前にもアップした曲だが、進歩したかなぁ~?


[PR]
by kazu6433 | 2012-01-14 21:58 | 演奏動画など | Comments(0)

夏合宿  2010

 そして、2010年8月20日から2泊3日で、音楽センター主催のアコーディオン合宿に行ってて来た。
昨年に引き続きの参加だし、準備万端整えての参加だ。

e0234168_22153892.jpg

顔なじみの方も増えてきて、今年も柴崎先生にお願いしたし、気分的にもリラックス出来たのだ。
今年のレッスンは、細かい所ももちろんあるが、全体的な曲の纏め方を中心にみて頂いたのだが、
やっぱり演奏が走るなぁ~ ハアーッ…  運動会じゃないんだからさー、分かっててもやっちゃうのよ~っ
とにかくシェイクの粒を揃えるのは、自分で練習するしかないし、
これも分かってはいるのだが、シェイクで辛くなると顎で楽器を押さえてしまう。
まあ何ヶ月かの練習で、涼しい顔でシェイクするのは無理だろうし(今でも顎で押さえちゃうのだ)
出来ない事は出来ない事として、確実な方法で弾こう。

大分出来上がっては来たが、コンクール本番は9月11日なので、とにかく後はひたすら時間をつくって
練習じゃぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-12 22:37 | アコーディオン | Comments(2)

ベローシェイク

 と言う事で、問題は ”ベローシェイク” だ。
一般的に蛇腹の上部分をちょっと開いて、上下に ”ゆする” 感じにしましょう。
全く正解である。
しかし1~2小節とか、ちょっとアクセントを付ける為にするシェイクだったら、何となくそれでも良いが
1~2ページに渡って左右の音符を弾きながらシェイクして、さらに強弱も付けるとなるとそう簡単には
出来ない。 確固たるやり方や方法を習得するしかないのだ! 自分なりのねっ。

他の掲示板で、このシェイクが話題になった事があって、ちょっと投稿した事もあるのだが
文字、文章で伝えようとすると、何センチ蛇腹を開いて、角度はこうで、とか、数字や数式的な説明に
なってしまい、それでも簡単な練習方法のちょっとした譜面なども提示したのだが、イマイチ反応が鈍くて
やっぱり文章で伝えるのは難しいのだろう。

自分でも ”出来たぁ~!”  と思っても、次の日にはダメだし、次の週では出来てたり、
背バンドの長さを変えてみたり、膝に置く楽器の位置を変えてみたり、胸を張ったり顔を上げてみたり、、、、
結局、身長や体型、性別、楽器の大きさも皆違うので、基本的な理屈以外は汗をかいて自分なりの方法を
見つけるしか無いのだ。 

この年(2010年)の夏は、標高1,500mの高原でも特に暑い夏だったので、練習するにはコタエたぁ~!
そして8月の、アコ夏合宿に向けて汗、汗、修行に励むのだった。
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-09 23:37 | 修行(練習) | Comments(0)

”イザベラ”

 さて、前の話の続きに戻ろう。
2010年の7月に出来上がって来た楽器に、”イザベラ” と名付けて同居生活を始めたのだが
最初は喜びのあまり気にならなかったが、イザ弾いてみると やはりデカいし重いのだ、、、
e0234168_2127395.jpg

左がBorsini、右がVアコなのだが、こうやって比べると一回り以上グラマーだ!
しかし、2010年9月に開催されるJAAのコンクールには ”フィガロ” で出場を申し込んであるので
もはや後戻りは出来ないので、後2か月、この新楽器で曲を仕上げねばならない。
ベローシェイク満載の曲なので、すでに前の楽器 ”エリザベス” (エキセルシャー シンフォニーゴールド)
でも肩や腕が筋肉痛で辛かったのだが、さらに大変だ。
楽器の厚さがあってベローの肺活量が違うので、曲中での蛇腹返しのタイミングも変わってしまったし。

e0234168_21473272.jpg

それでもベースボタン両脇に空けてもらった、音抜き穴の効果は抜群で、フリーベースリードの
効果と相まって強烈な低音が出るし、音がこもらない。 素晴らしい~っ!
ちょっと前から筋トレも始めたし、とりあえずベローシェイクをマスターするのじゃぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-06 22:03 | 楽器達 | Comments(0)

明けましておめでとうございます、

 穏やかな年明けとなりました。 スキー場には困るが、雪も最近まともに降ってないし気温も高い。
宣言した通り、酒浸りなので何をやってもグダグダで、もちろんアコを弾ける状態でもなく
それでも楽譜を書こうと挑戦したのだが、やはり時間の無駄であった。
e0234168_022367.jpg


もう2~3日で人間に戻る予定なので、
今年も宜しくお願いしま~す!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-01 22:41 | 日々、いろいろ | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite