アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:楽器達( 19 )

中古、コンバーターフリーベース

 という訳で、”Brsini”は教室でフリーベースに興味のある方に弾いて頂こうと思っているのですが、
欲しい方にはお譲りしようと思っております。
 Brusini PL4152 MCーNS 41鍵盤120ベース、FB52音 B(ロシア)配列
金具はゴールド仕様で鍵盤色は象牙色にして有ります。(2010.7月購入)
調律はフラットで波は殆どありません。MとHの4箇所だけ調整しております。
e0234168_14392929.jpg

e0234168_14442245.jpg チンスイッチは4個、
左から、MMH,LH,MM,MHです。
e0234168_14451331.jpg 












ハイ、ローの2つのスイッチ。














 ”MUSICTECH"製のアコーディオン専用内蔵マイクをそのままお付けして87万、
マイクを外した場合は80万です。ご興味のある方はご連絡下さい。
✉ acco.kazu@athena.ocn.ne.jp
[PR]
by kazu6433 | 2016-02-16 15:02 | 楽器達 | Comments(0)

新楽器!

 ”ワッハッハー! おNEW楽器なのだぁー!”

e0234168_23583127.jpg

 "Fisitalia" (フィスイタリア)
  Bayan-P2 Special B(ロシア)配列  
      45鍵、コンバーターフリーベースじゃぁ~っ!


実は昨年の11月中旬に出来上がって来てたのだが、ベースリードに不具合が有り、メーカーにまた送り返して
直してもらっていたのが年明けに戻って来たのだった。
前の楽器(Borsini)も日本ではメジャーではなかったが、今回もほぼ無名のメーカー(Fisitalia)だ。
またBorsiniにしようと思っていたのだが、去年いきなり倒産してしまったので困っていたのだが、
Fisitaliaの社長は、”Borsini"や”Scandalli"で修行して来たそうだし、まあ楽器のサイズやその他の条件が
ピッタリ合ったのがこの楽器だったのだ。
何がSpecialかというと、リードを”Binci Amano Reeds”、チンスイッチを6個にしてパームスイッチを無くす、
フロントグリルのデザイン変更、その他Gold仕様、などなど、、 値段は秘密っ、、カミさんにバレちゃうからねっ。
  
e0234168_021524.jpg

e0234168_0212388.jpg45鍵盤だからその分大きくなるのは仕方無いが、問題は重量と楽器の厚さなのだが、
13、5キロ、21、5センチでクリアー、 実際に抱えてみてもさほど違和感は無いのだ。(でもやっぱり大きいよっ、)

一番右のスイッチは結局
使えねぇ~、
顎が届かな~い!
そりゃそうだよねぇ~(笑)





ここも肝心、
ベースボタンの横に
音抜き穴っていうのかな?

ベースのバンドがセコイ物だったので交換しました。
あと、ベースレジスターの組み合わせが使いづらいので、
これも変えなければなるまいっ。



今まで使ってた楽器よりも、やはり一廻り大きいね! 長時間弾いてるとコタエますなっ。
e0234168_0391387.jpg

肝心な音は、確かにBiciリードはレスポンスが良くて発声もイイし、音の切れ目も綺麗なのだ。
音色はチャーミングというか、何だろう、、、Hリードの音が良く通る感じかなぁ~、、、
右手側は新楽器の方が良い気がするけど、ベース側はBorsiniの方が芯の有る迫力の低音が出ます。
要はバランスの問題だろうけど、なかなかどっちとも言えませんなぁ~。暫く弾き込まないとねっ!

そうそう、この新しい楽器にも命名しなければなるまいっ! う~む、さてさて、、、
[PR]
by kazu6433 | 2016-01-12 00:15 | 楽器達 | Comments(2)

Vアコ、ゲット!

 久しぶりにVアコを入手しました。
e0234168_2347422.jpg

FR-3です。生徒さんの貸し出し用としてちょうど良いサイズですな。

FR-7は以前より持ってて、夜間練習や諸々とお世話になった楽器だったのですが、
もはや防音室が有るので、登場機会が少なくなってます。
今のモデルはFR-8になってて、蛇腹の感覚など随分改善された様ですが、とても手がまわりません。

楽器達は、と言えばこんな感じで、、、 楽器達

もはや物理的にも置くスペースが無いのだぁ~!
今の所は教室に通ってくれる生徒さんにしかレンタルしてないのだが、
う~むっ、 ちょっと考えなきゃね~

いろいろ触れるので、是非遊びに来て下さ~い! (無料体験レッスンもやってま~す!)
[PR]
by kazu6433 | 2015-04-11 00:04 | 楽器達 | Comments(4)

ヘリコンバス

 言わずと知れたアルペンタイプのアコに付いてる ”ヘリコンバス” なのだが、用途が限られるので
なかなかお目にかかる機会がないでしょう。 でっ、

e0234168_2323457.jpg

ワッハッハーッ、  ORAの38鍵96ベースMMM、ヘリコンバス付きじゃぁ~!
要するに左手ベースで、ブンチャッチャやる時の ”ブン” が、チューバの様な太い音がすると言う事だ。
まあでも今までアルペン弾く時はVアコで本当のチューバの音にしてやってたので、それと比べてしまうと
ちょっと拍子抜けしちゃう程度の ”ブン” なのだが、でも普通のベースとは明らかに違うよ。

e0234168_23304021.jpg


後ろの楽器は ”イザベラ” のベース部です、彼女だってフリーベース機なので、スタンダード機よりも
かなりでかいリードが入ってて、相当な低音が出るのだが、
ヘリコンはこうやって横に曲げてリードの幅と長さを確保してるんですねぇ~、 う~ん、面白い!

右側の音に関しては、もうちょっとアルペンイメージの澄んだMMMかと思ってたのだが、ちょっと違ってた。
いわゆるズレ過ぎなのだ。 まあ何かの機会に調律してもらおう。

この楽器には ”エレナ” と命名しました。
まあ用途がかなり限られてるので、喧嘩になるとしたらVアコですな。
他のお姉さま楽器達は ”私達とは立場が違うから、貴方も大変ねぇ~、” などと一見友好的なのだが、
”でも貴方は野外で使われそうなので、ホコリっぽくならない様にお気を付けあそばせっ、ホホホッ、”
などと、イヤミを一つ言うのは忘れないのだ。

でっ、いよいよVアコがスネちゃって、鍵盤の音が一つ出なくなってしまった、、、、
う~むっ、ちゃんと修理に出してから話し合わなければなるまい。
”所詮、アタシは電子楽器さっ、” って、出て行かれない様にしなきゃね。
[PR]
by kazu6433 | 2013-09-11 00:01 | 楽器達 | Comments(0)

おかえり、”エリザベス”

 以前にキャバニョロと円満交換した、”エリザベス” が、我が家に帰って来たのだ~っ!
ワッハッハーッ、!  ⇒その時の記事
e0234168_039247.jpg

もちろんその時の楽器とは違う楽器なのだが
、”そうそうこんな音だったなぁ~”
と、しみじみ思うのだ。 暫く弾かれて無かったのか多少カビ臭さは有るが、全く機能は問題ないし、
しかもとても綺麗な楽器なのだ。 ラッキー、
この機種はもともとやっぱりフラットなチューニングな様で、MMも殆どユレがないのである。

しかしここで問題になるのが ”キャバ嬢” の立ち位置である。 
今の本妻 ”イザベラ” を迎える為に、当時の本妻 ”エリザベス”とのトレードで我が家にやって来て、
”イザベラ”に気を遣いながら、MMMで有るが為に独自の地位を築いて来たのだ。
実際に春先などは、本妻よりも弾かれていて ”ひょっとしたら私が、、、” などど、期待していた所に
HMMLの前本妻モデルがまたやって来たのだ。 彼女の動揺は大変なものであろう。
Vアコに至ってはアルペン弾く時しか出番はないし、今は夜間練習でも殆ど使わないので、
完璧にスネちゃってるので、ここでキャバ嬢と手を組まれてストライキなどでもされれば面倒だ。

しかぁ~し、 以前は皆んなを養えずに手放してしまったのだが、
”もぉ~う大丈夫、これからはずっ~と一緒だよ!”(多分ね、) これからは皆で仲良くやって行こうね!
と、言い聞かせてどうやら先程皆納得してくれた様である。
(訳が分からない人は、カテゴリーの ”楽器達” を見てねっ、)

本当のカミさんはと言うと、もはや楽器達を並べてニヤニヤしてる私を、遠巻きに見て完璧に諦めてて、
”やる事さえやってくれればもはや何も言わない” と、何とも有難い仏様状態なのである。
”ああっ、ここまで来るのに7年近く掛かったんだなぁ~っ” などどしみじみ感慨深い思いなのである。
しかしこれで落ち着かないのがアコに狂ってしまったオヤジの愚かさ欲深さで、
実はまだまだ計画は進行中なのてある。 ムッフッフッ、、、、
[PR]
by kazu6433 | 2013-07-25 01:24 | 楽器達 | Comments(2)

コンバーターフリーベース機のベース内部

 リクエストを頂いたので、ベースアクション内部をご紹介します。
(この楽器の前の記事)

e0234168_21302097.jpg

下の3分の1部分は、フリーベースのアクションの様です。 切り替えスイッチを押すとこの部分が
 ”カシャ” と奥に動きます。 
難解複雑な構造なので、何がどうなってるのかは考えない様にしているし、(考えても無理!)
そりゃ こんだけメカが詰ってればフリーベース機は重くなる訳である。

こちらは ”キャバニョロ” のベース内部です。 アコのベースメカはスタンダードでもかなり複雑ですが
上と比べてしまうと、なんだかスッキリに見えてしまいますね。
e0234168_21373566.jpg

 
もうちょっとアップで、
"Borsini"
e0234168_21393948.jpg

"Cavagnolo"
e0234168_21414855.jpg


こういうメカを見てると美しいですなぁ~!、無駄な物が無い ”機能美” と言うか、うっとりします。
ただ故障した場合にはもう完全にお手上げなので、
”どうか壊れないでくれぇ~!”
っと、祈りながら蓋をそっと閉じるのである。

私の場合、くれぐれも自分で何とかしようとは思わない事である。 何たって昔から機械を分解しても
組み立てた後には、必ずネジやピンなどが余るからね。
プラモデル作っても最後は必ず部品が残ったからなぁ~・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-03-17 21:55 | 楽器達 | Comments(1)

アコーディオン用内蔵マイク

 Vアコにはライン出力のジャックが当然付いているので、エレキギター用のワイヤレスを使って
マイクやらラインなんかを気にせずに、快適な演奏が出来ていたのだが、
問題は、メイン楽器である ”イザベラ” と ”キャバ嬢” をどうするかっ、である。 
でっ、 ジャジャ~ン!

イタリア ”MUSICTECH” 製、アコ専用内蔵マイクだぁ~

e0234168_21541712.jpg

やっぱり2台共、アコーディオン用マイクを装着したのだぁ~! ひい~っ、でもお財布にはイタい出費だぁ~!
内蔵マイクは、右手側グリルカバーの裏に3カ所、左側に1カ所だ。
e0234168_21331215.jpg

e0234168_21353839.jpg

9V電池で1個で、普通は1年持つという事なので、手間も掛からない。
去年の6月頃に取り付けたので、1年経たないが一応、電池替えの為に開けてみたのだ。

送信機AP-1を装着しても目立たないし、 ”これはとても便利~っ!”
これでもうハウリングの心配もほぼ無くなったのだ。
e0234168_21461889.jpg


名古屋の ”monte accordion” で付けてもらったのだが、非常に丁寧な作業をしてくれます。満足、満足、
このマイクの説明   ⇒ monte accordion さんのブログ

基本的には、PAを使わない生音で演奏出来る、こじんまりした会場が理想的なのだが、
よくある古い公民館みたいな所は、部屋が変に広くて音響が最悪な(畳敷きとか、)場合もあるので
一応準備しとかなきゃねっ。 
ただ安物のPAにラインで繋ぐと、ハムノイズが出ます。 (YAMAHAステージパス300でもダメだった)
アースをちゃんと取るかノイズカッターを使わないとダメです。 自分のやり方がダメなのかなぁ~?
でもまあ今の所、ワイヤレスでしか使わないので問題無いけど。
これで今までちょこちょこ買ってた、マイクやら何やらが不要になったので、ヤフオクで売り払うかぁ~?
[PR]
by kazu6433 | 2012-03-15 22:15 | 楽器達 | Comments(2)

一周年~ん!

 パンパカパ~ン! ブログをはじめて一年になったのだぁ~!
思えば日記の類は苦手で続いた事はなかったし、昔から学校での夏休みの日記や連絡帳、
女子との交換日記(今の子は知らないかっ)なんかもメンドーになって、ほったらかしだったしなぁ~・・・

e0234168_014569.jpg

昨年、苦楽を共にした ”イザベラ” (Borsini PL4152) と ”キャバ嬢” (Cavagnolo)、 
出番多かったなぁ~、 あと ”Vアコ” (Roland FR-7) もね。
楽器の事は、こちら  ⇒ Borsini 、   ⇒ Cavagnolo  ,  ⇒ Vアコ
楽器探しの旅も落ち着いたというか、もうこれ以上金銭的にもツライし、この3台でもう殆んど決定ですな。
2012年は少し人前で弾く機会を控えて、新な曲やジャンルを増やさねばなるまい!

この一年で記事がほぼ現在にまで追い付いて来たので、ネタが無くなりそうなのだが
ボツボツ更新しますので、またヒマな時にでも覗いてくださ~い!


  
[PR]
by kazu6433 | 2012-02-09 00:19 | 楽器達 | Comments(2)

さよなら ”エリザベス”

 2010年、夏に ”エリザベス” (エキセルシャー コンチゴールド) と別れの時がやって来たのだ。
以前に、立川 ”かるふ~る” でご一緒したアコーディオン奏者の坂本光世さんが、My楽器(キャバニョロ)と
わざわざ松本まで来て頂いて、円満に楽器交換が成立したのだった。

e0234168_17551369.jpg

Cavagnolo MMM だ。 アコを始めた当初そりゃもう、憧れて ”夢” だった楽器だ。

と言う事で、我が家に新しく ”キャバ嬢” がやって来たのだ。 ”エリザベス” はさぞかし口惜しい事だろう。
なんたって、”イザベラ” に本妻の地位を奪われ、とどめに ”キャバ嬢” とのトレードだ。
しかし悪いのは、みんなを養えなかったお父ちゃんが悪いのだ、”キャバ嬢” を恨まないでやってくれぇ~っ!、
HMMLの楽器が2台あってもしょうがないし、MMMの押し出しの強い音も欲しかったし、見た目も派手だし、
これでプログラムの幅も広がったのだぁ~! スマーン!

しか~し、心配していた ”エリザベス” は、坂本さんには ”金太郎君” と名を改められ仲良くしてる様で
アレッ性転換しちゃった!、数か月後、ちゃっかり坂本さんの腕に抱かれてCDジャケットに登場しているのだ。
よかったなぁ~、よかったなぁ~、元気そうで・・・・ (坂本さん、ソロCD発売オメデトーございます!)
なんだか昔付き合ってた娘が、アイドルになって遠くに行っちゃった様な、うれしいやら寂しいやら~、 
まっ、それは冗談だが、活躍してる様でなによりである。
e0234168_18355939.jpg

う~んっ、エレガントですなぁー
CDを聴いて、”あれっ、調律しました?” なんて聞いたら ”してないよ~、そのままだよ~、” との事
なんだか自分が弾いてた時より、綺麗な音の様な気がしたのは、自分が楽器の魅力、能力を引き出せて
いなかっただけの様だ。 う~ん、反省、反省、

でもまあこれで、”Borsini ” ”Cavagnolo” ”Vアコ” 3台で、理想に近い楽器軍団が揃ったのだ。
これで一応、「楽器熱」は醒めた形に落ち着いたが、飛車、角、金、か?
て事は、ああぅ~っ!、”玉将” が居ないかっ?!  いやいや、もう暫らく新な楽器の事は考えずに
ひたすら練習、練習、レパートリーを増やす事にまい進じゃぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-24 18:42 | 楽器達 | Comments(1)

”イザベラ”

 さて、前の話の続きに戻ろう。
2010年の7月に出来上がって来た楽器に、”イザベラ” と名付けて同居生活を始めたのだが
最初は喜びのあまり気にならなかったが、イザ弾いてみると やはりデカいし重いのだ、、、
e0234168_2127395.jpg

左がBorsini、右がVアコなのだが、こうやって比べると一回り以上グラマーだ!
しかし、2010年9月に開催されるJAAのコンクールには ”フィガロ” で出場を申し込んであるので
もはや後戻りは出来ないので、後2か月、この新楽器で曲を仕上げねばならない。
ベローシェイク満載の曲なので、すでに前の楽器 ”エリザベス” (エキセルシャー シンフォニーゴールド)
でも肩や腕が筋肉痛で辛かったのだが、さらに大変だ。
楽器の厚さがあってベローの肺活量が違うので、曲中での蛇腹返しのタイミングも変わってしまったし。

e0234168_21473272.jpg

それでもベースボタン両脇に空けてもらった、音抜き穴の効果は抜群で、フリーベースリードの
効果と相まって強烈な低音が出るし、音がこもらない。 素晴らしい~っ!
ちょっと前から筋トレも始めたし、とりあえずベローシェイクをマスターするのじゃぁ~!
[PR]
by kazu6433 | 2012-01-06 22:03 | 楽器達 | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite