アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

曲の歌い方、

 この問題は個人的に好きか嫌いか、また音楽ジャンルによっても違うと思うので難しいですな。
ちなみに私は、あまり歌い過ぎるのは好みでは無いので、わりとあっさり弾く方かも知れない。

まあ基本通りに本当に歌った時の息継と、メロディーの切れ目のポイントを、蛇腹の返しと合わせて
あとは本人のさじ加減と好みになってしまうからなぁ~。その時の気分とか緊張感とかにも影響されるしねっ。
メロディーを歌わないと音楽がツマラナくなるし、あんまりベッタリねっちり歌い過ぎると下品になるから
アコーディオンでは特に気を付けなきゃねっ。

 


Alexander Sevastian   氏、 凄腕のバヤン奏者だ。
ちょっとアンコールで軽く弾きましたっ、て感じの演奏だが、わりとロシア方面の方達はレパートリーに
してる曲の様で、他の方のCDも持ってるのだが、歌い方が皆違うので面白いのだ。

チョーっ ネバッこくゆっくり弾いてる人もいるし、”そりゃ、ないだろ~” って、アッサリの人もいるし
そんなこんなのCDの演奏をここに載せられなくて、比べられないのが残念だけどね。 

しかしう~ん、困った事になってしまった、ナゼかこの譜面が我が家に有るのだった。
今年前半の目標曲達、も出来上がってないのに、また新な曲が出て来てしまったぁ~!
いったん曲のメロディーが頭から離れなくなると、もうダメー! 
ロシアっぽい曲はレパートリーに無いし、やるしかないかっ、
[PR]
by kazu6433 | 2012-07-17 20:45 | 修行(練習) | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite