アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

暗譜 Ⅱ

 さてこの前、暗譜についてとりとめも無い話をしてしまったのだが、今度は弾いてる最中の感覚の話だ。
あくまでも私の場合なのだが、まあ一曲を練習してて暗譜が出来たとしよう、その後も録音して聴いてみたり、
ミスタッチを無くして、だんだん完成度を上げて弾き込んで、そろそろ人前で弾けるかなぁ~  なんて思う頃に
頭の中で3D録画をしてしまうのだ。 要するに普段弾いてて調子が良い時の、自分が演奏してる感覚を
強烈なイメージで頭の中に焼き付けてしまう事だ。  この段階では絶対譜面を見返したりしないし、
忘れた所は譜面に頼らず、自力で思い出す事なのだ。

試しに夜寝る前に、頭の中で本当にアコを弾いてる様にその曲を弾いて(エアアコーディオンですな!)
運指や左ボタンの位置、もちろん音も完璧に再現出来たならもう大丈夫だ!
もちろん弾ける全部の曲でコレが出来たら最高なのだが、発表会やコンクールで弾くとか、大切な一曲は
そうありたいですな。  それでも本番では緊張して間違えるけど、ハハッ、
度胸試しでアヤフヤな曲を人前で弾いて、間違えちゃったりすると、その曲に苦手イメージが付いちゃって
後々まで尾を引くので気を付けなきゃぁね、 (私の場合 ”チャルダッシュ” と ”マルゴーのワルツ” がそう)

e0234168_2236345.jpg
もちろんイメージを3D再生して弾きながら頭の中に音符も登場するが、
譜面というか、右手と左手の間の五線譜の中を泳いで行く様な感覚かなぁ~?
 ドリーの様にスイーッとね、ハハハッ、 うまく言えないなぁ~、
  要は音符は敵じゃなくて、お友達なのだぁ~っ、!

”そんな事ばっかり言ってると、頭がオカシイ人と思われるからあんまり人に言わない方がいいよ!”
と、カミさんから言われるけど、このブログを見てる人は、多分マニアックな人達で理解もある人だと
思うのでネタとして書いちゃいました。
あっ、そうそう、ど~しても覚えられない場所は譜面を書いて写してみるのもいいかも知れない、
漢字や英単語も書き取りして覚えたからねぇー。
けど、あくまで自分の場合なので、他の人に当てはまる訳ではないので、アシカラズ・・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-06-08 22:58 | 修行(練習) | Comments(0)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite