アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

コンバーターフリーベース機のベース内部

 リクエストを頂いたので、ベースアクション内部をご紹介します。
(この楽器の前の記事)

e0234168_21302097.jpg

下の3分の1部分は、フリーベースのアクションの様です。 切り替えスイッチを押すとこの部分が
 ”カシャ” と奥に動きます。 
難解複雑な構造なので、何がどうなってるのかは考えない様にしているし、(考えても無理!)
そりゃ こんだけメカが詰ってればフリーベース機は重くなる訳である。

こちらは ”キャバニョロ” のベース内部です。 アコのベースメカはスタンダードでもかなり複雑ですが
上と比べてしまうと、なんだかスッキリに見えてしまいますね。
e0234168_21373566.jpg

 
もうちょっとアップで、
"Borsini"
e0234168_21393948.jpg

"Cavagnolo"
e0234168_21414855.jpg


こういうメカを見てると美しいですなぁ~!、無駄な物が無い ”機能美” と言うか、うっとりします。
ただ故障した場合にはもう完全にお手上げなので、
”どうか壊れないでくれぇ~!”
っと、祈りながら蓋をそっと閉じるのである。

私の場合、くれぐれも自分で何とかしようとは思わない事である。 何たって昔から機械を分解しても
組み立てた後には、必ずネジやピンなどが余るからね。
プラモデル作っても最後は必ず部品が残ったからなぁ~・・・・
[PR]
by kazu6433 | 2012-03-17 21:55 | 楽器達 | Comments(1)
Commented by SilverAge at 2012-03-18 09:05 x
おはようございます!KAZUさん
早速愛機のベース箱内部見せていただき、しかもスタンダード機と比較で、ありがとうございました。見るだけでどうするのかと言われるかとおもっていましたが、すっきりしました。何度も裏蓋あけをしていただき済みませんでした。
スタンダード機なら、全分解、再調整はしたことありますが、これ見たらフリーベース機は触る気も失せます!
”どうか壊れないでくれぇ~”って実感ですね。
ところで、2台共ベース側のマイクは画像の左側下角の赤いフェルトベッドに乗っかった丸いヤツらしいですが、そうだとすると発音体(リード)との遠近距離差で、音量差が気にならないのかなと思うのですが、?フリーな空間じゃないので音はベース箱内に充満していて実際はあまり関係ないのかしらん?(自問自答ですハイ!)

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite