アコーディオン修行 . KAZU

kazu6433.exblog.jp ブログトップ

コンバーター フリーベース機

 2009年の秋も深まって、本格的にフリーベース機を探し始めた。
候補は "Borsini" "Brandoni" "Bugari" "Zero Sette" "Pigini" などなど、どれも甲乙付けがたい。
スタンダード機種は実際に店頭に有る物もあるが、フリーベース機は結局、注文して手元に来るまでは
分からないのである。
"Pigini" は、ユーチューブなどでは結構皆に使用されていて、音のイメージは分かるし、何と言っても軽いのだ。 しかしツテが無いしな~ (この時はヤマハが扱ってたが、問い合わせても何を言ってるのかサッパリ
分からなかった、今は谷口楽器さんが扱っている)

"Brandoni" は全体的に高級機種が多くて、楽器自体の仕上がりがとても綺麗で良いのだが
私的に独特の高音のなんと言うか、、、ちょっと金属的な音があまり好きで無いのだ。

"Bugari" 実際にフリーベース機を聴いた事もあるし触った事も有るのだが、良く言えばバランスが良い
優等生、悪く言えばちょっと個性が無いと言うか、どうもピンと来ない。

"Zero Sette" は現地では玄人になかなか評判が良いらしく、実際に見積もりや仕様に付いて問い合わせを
したのだが、対応が遅くてちょっと心配になった。

残るは "Borusini"  最初あまり好きな音では無かったのだが、スタンダード機とはチューニングも違うと言うし
何より対応が素早く、こちらの要求もあれこれ聞いてくれるので、
ヨッシャッ! ココに決~めた!

このメーカーの楽器を使ってる人を見た事が無いし、天邪鬼の私としてはそれも決め手の一つだ。
後は、45鍵か41鍵か悩み所だが、重い楽器には以前懲りてるし、これからどんどん重さがツラクなるだろうし
結局メンドーになって使わなくなったら意味が無いので、41鍵に決めた。 (それでも結構な重さだけど、)
後、顎スイッチの並び順とか、金属パーツを金メッキにしたり、グリル部分の布の色とか、鍵盤を象牙色に指定したりしたのだが、追加料金無しで明朗会計、なかなか話が分かるメーカーだ!

しかし、やっぱり出来上がりまで半年位だけど遅れても許してねっ、やはりその辺りはちょっとアヤフヤで、
まっ 仕方無いか、日本のメーカーじゃ無いからね、
よ~しっ、この新楽器で2010年9月に開催される
JAAの国際コンクールに出場するぞ!
 
納期ギリギリだな!

アッ!でも2010年と言えば、サッカーのワールドカップがあるではないかっ!
イタリア代表が勝ち進めば盛り上がって仕事にならないかも? 大丈夫かな~、、、、不安である。
[PR]
by kazu6433 | 2011-08-17 01:36 | 楽器達 | Comments(2)
Commented by springbk at 2011-08-18 15:04
新しい娘ですな、、、。
Commented by kazu6433 at 2011-08-18 21:47
むっふっふっ、、、、。

ある日、突然アコーディオンに 目覚め、どっぷりハマッてしまったオヤジの日々。管理人KAZU


by kazu6433
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite